スキゾイド雑記帳

人間害悪・人間リスクについての考察

I don't care OR I don't mind

自分は寛容な人間だと思っているが、実はそうじゃないのではと思うことがある。自分が相手に対して寛容なのは、ただ他人に対して鈍感なだけなのではないかと思っている。ロクに相手のことを見ていない、考えていない、興味を持っていないからこそ、相手の言動が気にならないだけで、普通は人が気にするようなことに気づけていないのかもしれない。

たとえば、誰かが腹を立てているとき、その意図が理解できないことがある。自分ならこんなことで怒らない、こんなこと気にしないという感想を持ってしまう。けれども、一般的にはそれは喜怒哀楽の怒に値する現象だったりする。こうした感情変化を不要なものととらえ、相手がそれを表出してもその意味や価値に理解を示 すことができなければ、それは相手への不誠実として映る。

どうでもいい、なんでもいい、そうやってやり過ごせば人間関係は楽だし、自分に災いが降りかかることも少ない。ただ、あまりに平坦な気持ち、仮に寛容であったとしても、相手への執着の極度の薄さというのは、感情そのものを否定しかねない。実際に、気分の浮き沈みが激しい人や感情的な人を私は避けているし苦手としているが、本来人間はそういう動物なのかもしれないし、ロボットのように単調になれば楽なのに、と心のどこかで常に思っていて、それが見抜かれそうになることがある。

幸いにもこの性格で何人かの知人友人に恵まれているが、気分や機嫌が安定している健康なタイプの人は少ない、というより皆無かもしれない。楽しいことがあった翌日に不機嫌になっていたり連絡を無視されたりすることも普通にあり、かといってまた別のタイミングで連絡をすれば普通に返事が返ってくることもある。それで結果的に絶縁せずに続いていけばよいと思っているのだけれど、真の意味で仲良しな人は実は私にはいないんじゃないかななどと思ったりする。

私はイライラすることを最も悪いこと(個人的に自分がするべきではないこと)だと思っているので、イライラするようなことがあった場合はその行動を即座にやめるか、こだわっていたものをあきらめることで穏やかな気 持ちを取り戻すようにしている。ここ数年で八つ当たりをしたこともほぼなく、それで相手の信頼を獲得してきたことも何度もある。いつ話しかけてもきちんと対応してくれる安心感を相手に与えることはかなりプラスに働くことがわかっている。

だからこそ、自分は逆に、いつも安心して言葉や行動を投げかけることのできる相手というのがいないと感じる。今後家族を持ったり誰かと親密になったりする可能性もゼロではないけれど、もしそうであれば、できれば相手にそういう安心できる人を選べたら理想だと思う。