スキゾイド雑記帳

人間害悪・人間リスクについての考察

水商売で生計を立てるお姉さんから聞いた話

別館『スキゾイドパーソナリティ障害の生存競争』も更新中です。 http://schizoid.hatenablog.jp/


昔の日本がなぜ女性を社会進出させなかったのかが本当に理解できない。

女性を家庭に閉じ込めて男性の地位を向上させるなんて単なる自己満足にしか思えないし、体力的に劣る女性に頭脳分野で活躍する機会を与えれば、男女ともに自立できる世の中に少しはなったかもしれない。

たとえば貧困層を考えた際に、男性は肉体労働などもできるが、女性はそもそもデスクワークしかできない。

体力的な限界があるからできないわけで、それを強いるのも奴隷的だ。

だから男性の場合は貧困層もある程度体力を使って労働ができるが、女性の場合は貧困になってしまうと、水商売しかない。

実際に学費を稼ぐためにアダルトビデオや風俗で働く女性が多くなっているのは明らかだろう。特に学生でその職に就いているのは地方出身者に多そうだ。

学ぶ、働く、暮らす、どれをとっても、底辺層の女性は生きるだけで精一杯で、その支援は早急に必要だと思う。

これができないのに先進国なんてよく言えるなと思うし、体を売らないと生きていけない人がいる国が世界のリーダーなんて、ありえないだろう。

貧困層は地方に多いのだから、地方の教育や経済支援をするべきじゃないのかと思うのだが、都合の悪い原発を地方に押し付けているあたり、この国が地方を救う気はなさそうだ。

私は都会で生まれて大学まで不自由なくきて、しかも金をかけた挙句私立大に行っているわけだから、親不孝すぎて何も言う資格もないし、努力できない分金で学歴を買ったという情けない人間だから、何か意見をする資格もないが、ただ自由競争でやればいいやという考えは果たして正しいのだろうか。

確かにフェミニストと呼ばれる人間は、元々恵まれている地位にあるのに男性を貶しているだけにしか見えないが、本当に底辺の底辺で苦しんでいる女性はきっと多いはずで、そのサポートは必須だと思われる。

たとえば田舎だと女性というだけで男性に従って嫁に行けばいいというような偏見がまだまだ多いし、それを嫌って上京する女性も多いだろう。その結果、金が尽きて風俗で働くなんていうパターンも多そうだ。

一口に女性といっても、その立場や地位や経済状況が異なるから一概には言えない。

ただ、過激な意見を言う女性ほど恵まれているという矛盾もある。合コンで我が物顔で権利を主張する女に貧乏人はおそらくほとんどいないだろう。

絶望