スキゾイド雑記帳

人間害悪・人間リスクについての考察

友達はいません

別館『スキゾイドパーソナリティ障害の生存競争』も更新中です。 http://schizoid.hatenablog.jp/


この年齢になると、友人を作ることがとても困難だと感じる。小学校で固定的な上下関係や学級関係に嫌気がさし地元を捨て中高一貫進学校へ行ったものの、同調圧力性善説・労働志向に合わせることに馴染めず中高の友人とも疎遠に。

大学ではひたすら一人の時間を楽しみ、就労後は人間不信によりほぼ一人。比較的親しくなった人間は自分と同じようにアンチ集団主義なのだが、多くが病んだりドロップアウトしたり感情の起伏が激しくて突然敵意を向けられて終わったり。

何も考えず複雑な思いも持たずただひたすら相手の話に頷き、同じ時間や経験を共有できる友人に今更ながら憧れるが、私のようにいい意味で人間や人生を諦めるスタンスの人はいないだろうし、多くの人がそんな私のロボットのような生き方に嫌悪感を持つ。おそらく一生孤独は続く。