スキゾイド雑記帳

人間害悪・人間リスクについての考察

お客さん、定年ですよ

別館『スキゾイドパーソナリティ障害の生存競争』も更新中です。 http://schizoid.hatenablog.jp/


いらっしゃいませー

私はもう無理です

いきなりどうしたんですか?仕事で何かありました?

仕事で何かあるのは残念ながらいつもの愚痴のとおりです。最近はずいぶんとマシになってきているんですよ。上司もパワハラ型から温和型に変わりましたし。部内の雰囲気も改善しているはずなんです。

なるほど。何がそんなにつらくさせてしまうんでしょうね。

私自身の限界がきたのかもしれない。上司が変わっても、待っているのは定例会議、出張、接待、長時間拘束、イベント、対人折衝が盛りだくさんで、全部が苦痛なんですよね

うーん。胃に負担がかかりそうな重荷ですねぇ。 お客さん、もともとは通信機械を相手にする仕事をするつもりだったんだっけ?

まあそんなのは遠い昔の話で、結局プラプラしていてブランクがありすぎて潰しが利かなくなってしまったんです。

潰し…ですか。私はずっと店をやっていて、好きでやっているので、潰しが利くなんて考えたこともないし職の不安もなかったので、なかなかイメージできないや。ごめんね!

いえいえ、話を聞いていただけるだけで十分ですよ。なんか最近、堤防が決壊したかのように、自分の中で我慢していたものが、スペックオーバーにより破裂して、無気力状態になっているんですよね。環境は良くなったはずなのに、やる気が起きない。本来、今の仕事に全く興味ないん ですよ。既得権を拡大し富の再分配と真逆のことをする毎日。紙媒体の書類と電話、形式的な会議。全部が無駄です。ベーシックインカム配った方がいいですよ。

ベーシックインカムの話は我々の業界でも話題ですよ。確かに、こっちもお客さんが毎日笑顔で余裕のある顔で飲みに来てくれるなら、これほどうれしいことはないねぇ。こっちも最低所得があれば、ある程度は損得勘定抜きに仕入れや経営ができるから、お互いが救われそうだ。

ですよね。私は労働者になって5年なんですが、そろそろ限界です。奴隷労働とか毎日叱責されるとかそういうのではないんですよ。ただひたすら無意味なことや人のメンツのためにセカセカ動き、何もスキルが身につかないゴミのよう な仕事を延々と繰り返すわけです。そういうことに人生の大半を費やしていると、何のために生きているんだろうって思うんですよ。もちろん生活費のためには来るしかないんですけど、こんなところに毎日来て、本当に人生の・生命の無駄だな、近所でゴミ拾いでもしてた方がいいなって、毎朝思うんですよ。ずっとそんなことを思いながら機能も会議のことで上司と何度も議論してて、途中で変な光が粒子上に視界に混ざってきたんですよ。もうね、目まいのような現象が起こっているんじゃないかと。

意味ねぇ。そう考えれば居酒屋は最高に意味があるよね!って冗談言っちゃいけないか。ごめん!

本当ですよ。このお店の方が数億倍価値も意義も人々への幸福貢献も高い です。人間関係も一期一会や程よい常連さんとの距離、泥沼化した利害関係が蔓延した労働社会、人間組織とは天地の差ですね。人間組織から足を洗いたいです。喜怒哀楽、機嫌、都合、全部苦しい。何もかもです。ずっと清掃員をやっていたい。そんなこといったら清掃員の方に申し訳ないですが、私は黙々と一人で小さな作業をするのが一番好きなんです。家事などももちろんのこと。

ミスマッチだったねえ。何もかもが。やっぱり高校時代に一時的に自分の対人能力を過信しちゃった感じなのかな。

ですね。普通にサラリーマンになって、普通に家庭をもって、普通に生きていけると、ある時期だけ誤解してしまいました。いかに人を避けるか、人間関係を回避するか、い や、濃い人間関係を回避するか、そんなことをきちんと吟味しなかった。その結果があの滅茶苦茶な大学受験結果です。たかが18歳で人生決めるのは無理だといいたいですけど、結局、最終専攻で人生の方向性と労働拘束の種別が決まってしまう嫌な世の中です。

本当だよな…今はそれに加えて人物重視とかいうわけわかんない茶番が入試にも課されるんだっけ?あれは地獄ですねえまさに…

私もギリギリ助かりましたけど、今生まれていたら生きていけなくなっているんじゃないかと。

生きづらい世の中だ…もう少しだけ飲んでいきなよ。ね。