スキゾイド雑記帳

人間害悪・人間リスクについての考察

連携

別館『スキゾイドパーソナリティ障害の生存競争』も更新中です。 http://schizoid.hatenablog.jp/


基本的に誰かと群れることはないのですが、特定の目的を達成するための連帯は最低限作っておいたほうが良いと思うこともあります。今も職場の正規の連中ではなく、派遣社員の人々や業者の人など、働き方を変えようとする意識のある人と仲良くすることが多いです。仕事が怠いとか嫌だとかできるだけのんびり生きていきたいなどという怠惰な会話がメインですが、それでも共通の意識を持っている人同士で情報交換したり意思疎通することはかなり大事だと思っています。いずれ大きな動きが起こったときに、それをどんどん多くの人に波及させていくことで実現可能性が増しますし、BI導入なんかはまず市民の感情論からくる労働崇拝をなんとか払拭しないと始まらないからです。打算 といわれればそれまでかもしれませんが、今後、アンチ労働至上主義、過剰なヒューマニズム年功序列・滅私奉公への疑問姿勢を軸に人間関係を薄く広く構築していくのも選択肢の一つだと先ほどふと思ったので、メモ程度に書いておきます。