スキゾイド雑記帳

人間害悪・人間リスクについての考察

痩せた話

久々に顔を合わせた人から、決まって「痩せましたね」と指摘されるようになった。二年前と比較して最大で8キロ程度痩せたので当然と言えば当然だ。身長が165程度なので、55から60キロ程度が標準体重だと思うのだが、既に52キロ前後になってしまった。労働時間中に食欲がわかない理由から、昼食をサラダだけにしている影響だろうと思う。朝は何も食べないかヨーグルト・シリアルを適当につまむのみ。夕食は両親が多めに用意するので、私が調理担当じゃないときはついつい食べ過ぎてしまうから、トータルで基礎代謝分ってところで、もしこれが三食自分で献立を決めるようになったら今以上に痩せていくだろうと思うからちょうどいい。加えて寝る前に飲酒することが常態化していて、 消化不良からお腹を壊しやすくなったのも影響しているかもしれない。

ただ、60キロから50キロに減量して、明らかに身体が軽くなったように思う。ズボンも当時のズボンが緩すぎて使い物にならなくなったが、細いズボンがちょうどよく入るようになったし、コンパクトな服を着られるようになった恩恵は顕著だ。お腹が出ていたのもほぼすべて凹んだ。普段はワイシャツをズボンの中に入れるので、見た目的にもこの傾向は悪くないと思うし、事務職のオッサンたちのように暴飲暴食した挙句医者の世話になることだけはしたくないので、適度に飲酒できる程度に健康は保たなければいけないと思う。40歳くらいまでは生きていたいと思うので。

改めて労働は私にとって 苦痛なんだと認識する次第だ。ある意味、夕食しかまともに食べないというのは、一日の始まりが夕方ということともいえるし、労働から解放されてからが一日の始まりだという認識とも合致する。労働拘束時間は実質死んだ時間、目覚める前の時間と考えれば、一日一食も悪くないのかもしれない。いや、こればかりは悪いに決まっているだろう。消化にもよろしくないだろうから、低カロリーベースでバランスよく栄養補給するようにしたい。そのためにも夕飯をもう少し抑えめに食べた方がいいかもしれないと思う。10や20代前半ではないのだから、カロリーもそんなにとる必要はないはずだ。痩せすぎない程度に、無駄に食べないようにしつつ、食べたいと思うものは我慢せず食べるような食生活をしていきた いもの。