スキゾイド雑記帳

人間害悪・人間リスクについての考察

持続性への拒絶と限界

別館『スキゾイドパーソナリティ障害の生存競争』も更新中です。 http://schizoid.hatenablog.jp/


輪廻転生の限界。明らかなマイナスの一次関数。徐々に貧しくなり、人間の幸福度はもう極致をこえた。貧乏人や餓死やホームレスは増加。ついていけないで脱落したり悩む人間も増える。それなのに人間は自分の不幸を子孫で克服しようと試みた。勝手に生み落として自分が不幸だからその分自分の夢や期待を叶えてほしいって期待して子育てしたらそれは毒親の完成。労働も恋愛も同じ。毒が毒を拡大再生産。不都合からは学習せずに無限の幸福がそこにあると思い込む。経済や心理的構造が障壁となっていながらもそれを認めずに、唯一神のように自らにエンタメを与えると妄信する。所詮は同じ不満が量産されるだけ。せいぜい自分の人生を幸福にクローズできるように、今から適度に充足度を維持しながら夢も期待もせずに今ある資源を消費して自分の人生を自分で支えていくのがもう限界。