スキゾイド雑記帳

人間害悪・人間リスクについての考察

否定から入る人

別館『スキゾイドパーソナリティ障害の生存競争』も更新中です。 http://schizoid.hatenablog.jp/


「○○買ってきたんだ」 ← なぜそんなもの買ったの?
「明日休暇にしたんだ」 ← 何か休む理由あるの?
「○○へでかけるんだ」 ← そんなところ行って何かあるの?
「○○に興味があるんだ」 ← それの何がいいの?


これらはすべて「そうなんだ」「へえ、いいね」などと軽く相槌を打って肯定すればいいものの、何か建設的なことや提案、会話の切り出し内容について、必ずそれを否定してしまう人が結構多い。そういう人は、自分が価値のあるもの以外は無意味だと思っており、自分だけならいいが、それを他人の行動においても同じ価値観が働いていると信じてやまないのかもしれない。この傾向、金持ちや社会的地位が高い人にも比較的見られるので、何事も偏見なく柔軟に考えることは大事だと改めて思う。