スキゾイド雑記帳

人間害悪・人間リスクについての考察

期待放棄

別館『スキゾイドパーソナリティ障害の生存競争』も更新中です。 http://schizoid.hatenablog.jp/


スポーツ観戦や芸術鑑賞に絶望的に関心がない。
なのでオリンピックにも全く興味がない。

他人に関心がないことはこうしたところにも表れている。他人に興味がないという人は多いが、人間に興味がなかったら芸能関係に興味を持つこともないし、テレビドラマや出来レース的なトーク番組、やらせ番組を見ることもないだろう。そうじゃないということは、結局人間に興味があるのだろう。

私は人に興味がないというよりも人に期待をすることをしない。他人と自分は別物であって、他人の行動は自分ではなく他人が決める。だから自分の理想を他人に対して向けることは危険であると強く思うようになった。期待は不満に変わってしまうからだ。

だから、誰々選手が活躍してほしい、優勝してほしいという気持ちがないし、自分の国が強いからと言って自分も強くなったような一体感も帰属意識も満足感も一切覚えない。変わり者だという非難も批判も受けるだろうが、いわゆる監督精神、評価精神というものが、人に対して一切沸いてこないのだ。

芝居についても、人間の毎日の生活や対人関係が芝居に見えてしまうので、あえて架空の話や出来事に入り込もうと思わない。こういうことを言うと変人だと非難されるのだろうな。