スキゾイド雑記帳

人間害悪・人間リスクについての考察。個の尊重される社会とは。

君のためを思っているという嘘

別館『スキゾイドパーソナリティ障害の生存競争』も更新中です。 http://schizoid.hatenablog.jp/

世の中には悪質な嘘が存在すると思う。
特に悪質なものの一つがこれ

「君のためを思って言ってるんだ」

この言葉を多用する人が説教や非難を口にするとき、ほぼ9割以上の確率で感情的になっている。
まるで憂さ晴らしや八つ当たりのような言い方をし、我に返った際に自分を正当化したいために、あくまでも人のためにやったのだと言い訳をする。すぐに感情的になる人間の切り札であり、一発芸に近い。

そもそも本当に相手のためを思っているのなら、相手のためだなどと敢えて口にしないし、その言葉を放つ前や、その後においても、その言葉が相手に伝わってるかどうかのフォローをするだろう。しかし、そういう人間は絶対にしない。言いっ放しであり、時間が経過して同じようにまた感情的な物言いをする。

こうした嘘が好きな人は、単に他人を利用して自己満足したいだけか、ストレスの捌け口にしているだけなので、基本的に相手にしない方がいいとわかっている。そもそも仕事で部下を育ててあげたいとか思っている上司は感情的になる前にしっかりとフォローをするはずだから、単なるサイコパス系ハラスメントなのだろう。

そういう上司と仕事をしに、明日からもまた5連勤。