スキゾイド雑記帳

人間害悪・人間リスクについての考察

ちょっと休憩しませんか?

別館『スキゾイドパーソナリティ障害の生存競争』も更新中です。 http://schizoid.hatenablog.jp/


カーナビをつけていると、二時間くらい運転したところで
「ちょっと休憩しませんか?」と声がかかる。

ちょっと休憩しませんか…?

ドライブ中に休憩をすることは健康上、交通安全上必要とされるが、
世の中、休憩しないと達成できないことが山ほどあり、
息切れしてまで全力疾走を強いられることばかりだ。

日本は先進国の中で自殺が多い。
しかも、恵まれない人や貧困に陥っている人だけではなく、
ある程度の社会的地位や財力がある人でさえも自殺する。

なぜ…?
と思うかもしれないが、
一見勝ち組と見える人だって、ちょっとサボれば負け組になってしまうわけで
持続して勝ち続けることでしか勝ち組でいられる方法はない。

中学受験に成功したからと言って、高校受験で失敗すればおしまい
高校受験に成功したからと言って、大学受験で失敗すればおしまい
大学受験に成功したからと言って、就職活動で失敗すればおしまい
就職活動に成功したからと言って、労働生活で失敗すればおしまい

常に人間はおしまいの可能性を秘めている。
一度こけたらゲームオーバーになる恐怖、それが圧迫社会を作り出す。

ゲームオーバーを恐れて、自分でゲームセットにしてしまう。
そんな思考回路が、労働者や閉鎖的な義務教育下の学生を苦しめる。

「ちょっと休憩しませんか?」

これが挨拶になったら、世の中はどうなるだろう。

「おはようございます、こんにちは、こんばんは、お世話になります…」

こんな建前の搾りカスみたいな挨拶の代わりに、是非使ってみたい。