スキゾイド雑記帳

人間害悪・人間リスクについての考察

貧乏大家族ドキュメンタリーを見て吐き気がした話

別館『スキゾイドパーソナリティ障害の生存競争』も更新中です。 http://schizoid.hatenablog.jp/


富裕層の子孫が財産を消費しながら豪遊しているとセレブと称賛されるのに、貧乏人が同じことをしながら社会保障を受けているとここまでバッシングを受けるのはなぜだろう。当然、それが税金だからだという話だろう。だとすれば、どんな環境に生まれたかどうかでその人物に与えられる人生における自由度が全く異なることになる。それを認めてよいのかは正直わからないが、少なくとも、貧乏に生まれた段階で人生の大半が努力することに置き換わってしまうのはあまりに残酷だと思う。

貧乏人大家族のようなテレビの特集で感動を誘うことに気持ち悪さを感じる。十分な財産がないのに無計画にたくさん子供を作っている時点で愛情のかけらもないと思うし、子どもじゃなくて自分がかわいいだけだろう。子どもはただひたすら我慢し、人生における自由を犠牲にし、余暇も趣味も持つ余裕もなく働き詰めで時間だけが過ぎてゆく。私だったらそんな家庭には生まれたくないし、苦労するために生まれてくるのなら生まれてこない方がいいだろう。

日本人は他人に不自由を強いるのが好きだ。他人に不自由させるためなら自分の利益を捨てることも厭わない。現に、自分の給料を上げることよりも他人の給料を下げることに躍起になっているし、社会保障の充実よりも生活保護者をバッシングすることに執着している。コストをかけてでも、自らの利益が目減りしても、全員が同じ土俵で努力する秩序を重んじる。ただし既得権に対してはまったくの無抵抗という面白い理屈で動く国民だ。

生まれる環境を選べないのに、遊びまくって称賛されている人と、奴隷のように働いてもそれでも尚努力不足や自己責任論を押し付けられる人がいる。それらバッシングの理屈や主張がまったくわからないでもない。ただし、誰が悪いのかという責任の所在ははっきりさせても良いのではないかと思う。貧乏になった本人が悪いのか、あるいは貧乏なのに子供を作った親が悪いのか。前者ばかりが主張されるが、貧困が連鎖することを考えればむしろ後者への検証が不十分であるようにも思う。生活保護バッシング論者のいう「解決」は、社会保障の抑制ではなく、他人を働かせることだろう。現に、貧乏人をこれ以上量産しないことこそが生活保護を削減する一手段に思えるものの、身勝手な子孫繁栄をバ ッシングする声は全然聞こえてこない。