スキゾイド雑記帳

人間害悪・人間リスクについての考察

趣味を外注する

別館『スキゾイドパーソナリティ障害の生存競争』も更新中です。 http://schizoid.hatenablog.jp/


最近、趣味を外注することにしている。私は時間は金と同じくらい貴重だと思っているので、仕事も定時で必ず上がる用意しているし、昇進などはまったく望んでいない。いかにプライベートや趣味に時間を費やし、好奇心を満たし楽しい人生を送るかに絶対価値を置いている。人の評価とか社会的地位、世間体はどうでもいいし、そんなもので評価されても何の意味もないと思っている。

だから、時間が足りないことが一番の悩みになる。散策してみたい街に行く時間がない。十分に動画や写真で取材する時間がない。動画サイトで収益を目指していた頃は尚更そういった時間的制約が、趣味活動の妨げになっていた。

そこで考えたのが、趣味の外注だ。時間がない分、お金を出して知人に趣味を代行してもらう。気になる街や気になる飲食店に出向いてもらい、こちらが費用を全部出し、メディアへの記録や体験を代行してもらう。それを適当にレポートにまとめてもらい、代金を支払って購入するというもの。自分以外の他人の視点も知ることができて、自身の散策の手掛かりにもなるので、お金を払って趣味をやってもらうことに人を雇うことは十分に価値があると思っている。