スキゾイド雑記帳

人間害悪・人間リスクについての考察。個の尊重される社会とは。

2002年9月2日の出来事

別館『スキゾイドパーソナリティ障害の生存競争』も更新中です。 http://schizoid.hatenablog.jp/

教師「さあみなさん、今日は少子化の理由について考えてみましょう」
生徒「生むことや生まれてくることに魅力がなくなってきているからですか」
教師「そんなこというもんじゃありません」
生徒「なぜですか」
教師「生きていることはそれだけで幸福なことだからです」
生徒「なぜですか」
教師「夢を持って努力することは素晴らしいことです」
生徒「夢を持つことを強制するのですか」
教師「先生の言うことを聞きなさい」
生徒「先生、○○君が僕の作文をバカにしました」
教師「○○君、ダメですよ。自分がされて嫌なことを他人にしたら」
生徒「自分がされて嫌なことは他人にしてはいけないんですか」
教師「当たり前です」
生徒「なら、生きているのが嫌な人は子供を作ってはいけないということですね」
教師「違います、屁理屈言うんじゃないよ、もう出ていきなさい!」
生徒「その結果が少子化か…」