スキゾイド雑記帳

人間害悪・人間リスクについての考察。個の尊重される社会とは。

「恥をかかせるな」と言われたら

別館『スキゾイドパーソナリティ障害の生存競争』も更新中です。 http://schizoid.hatenablog.jp/

「恥をかかせるな」という言葉を久々に聞いた。この言葉は昔の世代ほど使う印象がある。恥をかかないようにするのは本来は自分自身ですべきことだと思うし、人にメンツを委ねていること自体が私にはあまり理解できない。そもそも恥をかかせるようなことをされる時点で自分が周囲から信頼や尊敬されていないということだし、恥をかかせるなと感情的に怒鳴りつけたり目下の人間に高圧的になったりすること自体が、大変恥ずかしいことだと思う。メンツを維持するために周りの人間を動かさなきゃならないなんて可哀想な人だなと感じるし、虚しくならないのだろうか。そして、この虚しい媚び諂いに日々必死になっている人が私の周りには少なくない。それに巻き込まれることもあるので厄介だ。できるだけ関わらないようにしているのだが、なかなかそうもいかない。この社会はもしかしたらすべてメンツでできているのかもしれない。

高校時代に、ある大人が話していたことがある。世の中には頭脳労働・肉体労働のほかに、第三の労働があるのだという。それが精神労働(神経労働)と呼ばれるもので、意味や合理性もなく年功序列や既得権を守るだけの労働を指すらしい。仕分けされて当然のような団体や無駄な接待、気持ち悪い根性論に則った学校の運動会の炎天下での練習や規則、部活動などがそれにあたる。そして、頭脳労働をしていたつもりが、目指していたつもりが、いつのまにか精神労働に陥っているケースが多々あり、精神労働が人生を台無しにするリスクが高いという。そんな話を遥か昔にされたことを、「恥をかかせるな」という発言を耳にして、ふと思い出した。

私自身、じっくり物事を考えることが好きな性格だが、能力が低いので、頭脳労働に従事することはできず、結局は生存競争のために虚しく惨めに組織に属して精神労働に人生の一部を消耗している。中には頭脳を使いたくないから精神労働に傾倒し、それを他人に押し付ける人物もいる。マナー講師や罵声を浴びせる社員研修の指導員などがそれにあたる。何の生産性もないルールに縛り付け、年中腹を立て、互いに息苦しい社会を作ることに全力を注ぐ文化が作られようとしているようにしか思えない。

「恥をかかせるな」⇒では「恥」とは何か?⇒では「恥」をかかない状態はどんなものか?⇒そもそもなぜそれが「恥」なのか⇒では、ある状態を「恥」と思うような自尊心の正体は何か?⇒それは本人の驕りではないか…そんなふうに考えると、単なる子供のわがままや強がりレベルの自尊心・自己愛を満たすために、大人が労働文化の中で取り巻きを演じ、究極の茶番を展開しているだけなのである。会社内マイルドヤンキーが死ぬまでマウントごっこをしているようなものだ。「恥をかかせない」ために周囲が何もかも手配して本人の実績・手柄にし、誰もそれを信じていない。究極のお芝居である。

恥もかきたくないような老害、他人を搾取してメンツを保とうとする老害は、死んでください。