スキゾイド雑記帳

人間害悪・人間リスクについての考察

そろそろ結婚しないの?と聞くのはセクハラです

別館『スキゾイドパーソナリティ障害の生存競争』も更新中です。 http://schizoid.hatenablog.jp/


結婚してすぐに子供を持とうとするのが当たり前という風潮にとても違和感がある。だがこの価値観は結構メジャーで、結婚した途端に子供を設けることを意識する夫婦は身近にもいる。適齢期という言葉を割と普通に会話で使っている人も少なくないので、結婚の次は子供という意識は強いのだろう。少子化なのにちょっと意外である。

そんなに子供が欲しいだろうか。私は子供を必ずしもほしいと思わないし、こんな世の中じゃ生まれても苦労するだろうし、私自身が自分の人生を生きるだけでアップアップでこれ以上はしんどいというのが正直なところなので、今後も厳しいかもしれない。

別の記事でも書いた通り、結婚の話は私にはないが、私との結婚の意思を示唆する人物はいる。それが冗談か嘘か詐欺かはわからないし、その人物はアダルトチルドレンの治療中なので当面は無理だという。要するに親やそれに準ずる人物からの慈悲に執着していて、パートナーのことなど考えられない、尊重できないということだ。そしていつかはそれらが解決すると本人は語る。

一応、昔からの馴染みであり数少ない知人であるこの人物の発言を信じて待っているというのが現状だ。ただ、こうした複雑な事情があるので、周囲には一生独身主義を公表するか、適当に誤魔化すしかない。この状況を放置すればもしかしたら一生独身になるだろうし、子供も持つことはないだろう。それならアーリーリタイアして趣味に走れるし、今の時点で私は当面家庭を持つことがないことが確定しているので、存分に趣味活動に専念できるというものだ。それにアダルトチルドレンの場合は発言がブレるので先々のことは不確実極まりない。

ふと思う。この人物、子供が欲しくなってからじゃないと結婚したくないと思っているのかもしれない。子供がほしいから仕方なく結婚するけど、その用がないなら夫婦になる意味はないと。そんなふうに思っているかもしれない。実際に子供ありきで結婚する人が多いと最初に書いた通り、家庭を作ることと子供を作ることがほぼ同義に扱われる。とても違和感があるものの、それが現実なのだろう。そして典型的なジャップ夫婦のように、子育てで夫婦関係が冷めてどうのこうのみたいなのが日本の婚姻の形の典型のようだなと勝手に思っている。