スキゾイド雑記帳

人間害悪・人間リスクについての考察

人から物へ

別館『スキゾイドパーソナリティ障害の生存競争』も更新中です。 http://schizoid.hatenablog.jp/


電車を待っている間、列に並んでいると、近くからカレーの匂いがしてくる。周りを見ていると、近くのオッサンがカレーパンを立ち食いしていた。多くの乗客がこの オッサンにイライラしているのがわかる。推測にすぎないが。

実際に車内や交通機関での食事はマナー違反とされ、特にこの時点では夕方ラッシュ時の下り電車だったので、猶更である。私も最初はちょっと迷惑な人だなという気分になりかけていた。

しかし、少し視点を変えて、この人が食べているパンに注目してみる。人ではなく、モノだけを見てみるとどうだろう。ただそこに台があって、カレーパンが置いてあることをイメージしてみる。美味しそうな匂いがしてくる。寒くなってきたし、久々にカレーを食べたくなる。

そんなことを考えていると、カレーパンが美味しいパン屋さんを思い出し、久々に立ち寄ってみようと思う。夕食のメニューもカレーにするかなどと頭の中で勝手に盛り上がる。

人から注意をそらすだけで、たちまち感情が理性へと変わる。イライラしながら無駄な時間をすごして帰宅するよりは、遥かに中身がある。人にこだわるとイライラすることでも、モノにこだわればそこに好奇心が作用し、マイナスをプラスに変える。私が単に人に無関心・無欲だからかもしれないが、この方法を多用することで、他人に左右されない人生が蓄積してゆく。そんなことを思う。