スキゾイド雑記帳

人間害悪・人間リスクについての考察。個の尊重される社会とは。

団塊の病

勝ち負けは必要かという疑問がふと湧く。私がスポーツに関心がなくそれらについて自ら参加しようとしてこなかった要因の一つかもしれない。相手を定めて勝った負けただの強い弱いだのこだわることに昔から関心がなかった。団体行動が好きではなかったので、…

なんでみんなスポーツにそんなに熱くなれるの?

私は組織で何かを達成することに病的に無関心です。労働者になって数年が経過しましたが、たとえば所属会社の会議やイベントなどを遂行して達成感の類を味わう経験は今まで一度もありません。対個人で何かを喜ばれたり感謝されてうれしいことはありますが、…

信仰の自由

日本人が基本的に宗教信仰を行わない理由は何だろうと常々考えてきたが、徐々にわかってきた。仏や神などが必要ないからである。学校・会社・地域コミュニティなど、あらゆる団体活動において権力者を崇拝し、それを神様仏様のように扱うご都合主義の信仰が…

バッファー機能

常にバッファー機能を備えた生き方をしなければならないと思うことが多い。たとえば労働。一つの会社にしがみつく時代は終わり、所属に依存したり組織に埋没することによる犠牲の大きさに気づく。無数のリスクを緩和するための緩衝材を常に備えておかなけれ…

経済学科の試験問題

ベーシックインカムについて考えるだけの暇な時間があるので少し書いてみる。予算が公表され、実際の財源でBI施行が可能であることを数字で把握する。一方、従来の生活保護者がBI以上の多層的社会保障を享受しているこの段階で社会保障を全廃することは弱者…

反出生主義とボレロ

ミスチルのアルバム「BOLERO」を久々に聴いた。3曲目と4曲目、「タームマシーンに乗って」と「bland new my lover」が連続する区間。この2曲がミスチルの作品の中で個人的にかなり印象に残っている作品。社会や人間全体を簡潔に表している気がする。 タイム…

全部が集団です

ネット普及によって一つの大きな話題となり、一大イベントの如く扱われる「就活」今では「○活」というような言葉がいくつもでており、大衆的な催事のようなイメージ。就活が茶番だとかSNSと就活とか、そんな就活に関する苦悩や不平不満、自己啓発が今日もあ…

ニートが一番楽しい

1年だけニート生活を経験した。大学卒業と就労の間の1年間だ。2013年のことだ。一般的にニート時代といえば、悩みや閉塞感や劣等感で悲しく苦しい生活だと思われがちだが、私の場合はそういった一般的な印象とは真逆の一年だった。 以前にも書いた通り、親戚…

ケーキ屋のディスプレイ【再掲】

ケーキを作るのが好きな女性がいた。ケーキを作っている時間はいつも楽しそうで、彼女のその時の笑顔に癒やされる人は多かった。彼女は不器用だったが、一つ一つ丁寧に作り、形はイマイチでもとても美味しいケーキを作った。ある日、何人かで午後にお茶をす…

AI部長【再掲】

今日から、配属と、なりました、AI部長です。 機械的に淡々と新任部長が挨拶をした。 前任のサイコパス系部長が定年で退職し、新しい試みとして、AIにより制御された人工人間が管理職として配属となった。 AI部長は軽く挨拶をしたのち、部内全員に向けて一年…

足並み揃えて生きる意味とは

みんながやっていることをやることにあまり興味がわきません。そして同じことを繰り返すことに興味を持てません。学校行事や部活、各種団体行動など に一切意味を感じないのです。意味を感じないというのはあくまでも「私がそれをすることに」意味を感じない…

人生の解体業者

今の自分の状況を振り返って労働にどこまで支配されなければならないか考えてみる。ここではベーシックインカムの実現可能性は考えないことにする。本当は実現してほしいけどクソジャップ国で実現するとは思えないので。 ジャップ労働ランドで搾取されないた…

数を減らす本能

少子化が進んでいて若者が世帯や子供を持たないことが批判されているが、そもそも子孫繁栄の価値が普遍的なものなのかというのが疑問だ。子孫繁栄は動物の本能だといわれるが、こうした不幸な社会の中では生まれないことこそが真の幸福であることも考えられ…

男性と話が合わない件について

同性の友人知人が致命的に少ないです。他でも書いている通り、私は同性が好むものにほとんど興味がないので、話題がなく歩調が合わないのかもしれません。私が好きなものはだいたい一人で完結する趣味なので、人間関係に派生しないからエンタメ要素がないか…

虐待する親は子供を作るな

虐待ニュースが連日報道される。今回は小学4年生が犠牲になった事件らしい。子供に恒常的に暴力をふるったり死に至るまでに加虐行為を繰り返す人間がいることに驚くが、人が自殺するまでいじめを繰り返す未成年がこれだけ多いことを加味すれば、そもそも遺伝…

会議大好きジャップランド【再掲】

政治家と経営者にあらゆる富が集中するこの国で働く意味は何だろう。信号待ちで常に考えている。 離職を防ぐために地域の付き合いのある会社と合コンを開催し、そこの社員同士をくっつけようとする魂胆を持つ会社があるらしい。恐ろしいな。人の人生決定さえ…

歩行者天国の地平線

昔の同僚が告げる「馬鹿騒ぎする奴らのために交通規制がかかり、公立底辺学校みたいに監視がない無法地帯の渋谷ハロウィン会場、集まる連中がどんな人間か容易に想像できるし、人間は群れるとろくなことがないことを再認識する。目の届かない自由な集団は犯…

人間による人間のための通勤ラッシュ【半再掲】

法改正により、新しく警視庁学校摘発課が創設された。学校摘発課は警視庁のユートピアとされている。なぜなら、確実に検挙数を増やすことができるからだ。今日も朝から忙しい。 「はい校内暴力の現行犯ね」 課長は自ら手錠をかける。公立底辺高校の体育倉庫…

アンコール恐怖症

イベントなどでよく求められるアンコールというもの。盛り上がった際に最後にもう1回という意味で観客の歓声とともに求められるものだが、あの仕組みがイマイチわからない。アンコールはおまけのような存在だが、結局アンコールも含めて開催時間内に終わるわ…

子供を作らない理由

私が子供を持とうと思わない理由は色々あります。色々とありすぎてここらでまとめておきたい意思が強くなってきたため、書いておくことにします。 色々ともっともらしい理由を並べて偽善者っぽくなるのも嫌なので、まずは最も自分勝手な理由から書くことにし…

私が生活保護に賛成な理由

私は基本的に生活保護制度に賛成です。自分は生活保護制度を受けていませんし、親戚や知人の誰一人として生活保護を受けていませんが、それでも賛成です。自分が働いている間に生活保護を受けている人がパチ屋に行っていたとしても賛成です。不正受給が本当…

君のためを思っているという嘘

世の中には悪質な嘘が存在すると思う。 特に悪質なものの一つがこれ 「君のためを思って言ってるんだ」 この言葉を多用する人が説教や非難を口にするとき、ほぼ9割以上の確率で感情的になっている。 まるで憂さ晴らしや八つ当たりのような言い方をし、我に返…

個人にやさしく

ここ数年、社会に対する失望や人間の集合体に対する失望は増大している一方、個人に対する批判的な感情というものがほぼ起こらないようになってきている。たとえばネット上で活動している人に対するバッシングやケチは無数に散見されるが、個人的にはそうい…

非常勤講師の言葉

機械が人間に代わって生産するようになったんでしょ?たとえば機械が人間の生産の9割を担うようになれば、人間は今までの1割しか働かなくてよくなる。そういうこと。じゃあ9割の人間はどうしたらいいかって?機械が生産するお零れをもらいながら生活すればい…

やりたくないことリスト

大学や就職などで進路設計をするとき、学校に通っていると決まって言われるのが「やりたいことや目標を見つけよう」ということ。つまり、自分の「労働者生活」は「自分の目標を達成するために社会に貢献する」ことが前提とされるらしい。それをもとに大学受…

駅前のDINKS批判

恋人ができたり結婚したりした途端に性格が変わる人は多い。特に価値観の変化を前面に出してくるケースがこの数年で多く見られた。散々自分自身にコンプレックスを持っていて、人生どう生きるかはそれぞれだと常に余裕を持っていた人物が、恋人ができた途端…

ゲームに夢中になっていた僕ら

子供のころ、テレビゲームにはまっていた。まだ幼かったから勝敗にこだわり、一喜一憂していた。一喜一憂というよりは単なるヒステリックだったかもしれない。勝てることが当たり前だと考え、負けると腹を立てていた。腹を立てながらも勝つこと、思い通りに…

in silence

https://tirara.sakura.ne.jp/index.html サイレントテロという言葉がある。若年世代が既存の社会規範やスタンダードな生き方に追従せずひたすら不参加を貫くような姿勢のことを指す?らしい。定義や解釈は色々とありそうだが、消費しない若者、結婚しない若…

すぐにやめることの何が悪いのか

「あいつは何をやってもダメだ」 「今のところでダメならどこに行ってもダメだよ」 「とりあえず、数年は我慢してみなよ」 こうした「我慢と継続」によって成果が得られるような趣旨の助言は多い。 労働者にせよ学生の部活にせよ、その対象は多岐にわたるが…

繁殖する者たちへ哀を込めて

サザンオールスターズ – 闘う戦士(もの)たちへ愛を込めて(Full ver.) 優劣意識刷り込まれ生存競争、繰り返す限界集落、模倣した極東に舞う茶番劇 横並びだけ重んじて排除の原理、継承する誰もが不幸、我慢比べ弱者同士が啀み合う 「子供のため」を免罪符に…