スキゾイド雑記帳

人間害悪・人間リスクについての考察。個の尊重される社会とは。

幼少期に見た動画の記憶

ceron.jp とても懐かしい動画を見た。この曲といえばやはりこのアニメだ。幼少期、それこそ20年前以上ものものだが、当時のイカとタコの別れのシーンは本当に記憶に強く焼き付いていて、時々思い出す。ああいうアニメが、子供にも何かを伝えていたのだろう。…

人間による捌きがはじまる

大学入試のあり方が変わろうとしている。今までの学力型ではなく、人物入試に代わるとかなんとか。今まではペーパーテストで高性能な人間がさらに専門を極めるために大学に進学するという感覚だったが、これからは、予め社会や企業において有能な人材を大学…

バスストップ

伊勢原に所用ができる。新宿から伊勢原へは一般的に小田急線を使う。急行で約1時間だ。ただ、何度もその経路は使っているので、今回は高速バスを使ってみようと考える。新しくできた新宿バスターミナルへ向かった。 バスは新宿駅を出ると、東名へ入るための…

今年の10連休の記憶

10連休、今回は混雑を緩和することだけに目的を絞り、東京・大阪の観光地以外の都市を回る行程で街歩きを楽しんだ。混雑を避ける行動に徹したので、列に並んだり人間の密集に遭遇することもなかった。せいぜい新大阪駅の混雑くらいが、今回関わった人間密集…

商店街と私

今年になって、ほぼ毎月関西(京阪神)を歩いている。阪急や阪神の沿線、大阪都心部を片っ端から途中下車して、アーケード商店街をひたすら撮影しながら歩くというかなりマニアックな趣味。 普通の人には理解されないだろうけれど、食べ歩きや飲み歩きをしな…

ホスピスの朝食現場

前例踏襲を武器に現代人を徹底的に叩く老人がいた。その老人からしてみたら、今の若者は消極的過ぎて理屈っぽいとのことだった。私のように消極的な若者は、単純に気に入らないだけじゃなくて「みんなと違う」「みんなそうやって大人になっていくのに」「な…

道路交通情報

幼少期、家族で出かけたりする際に車を使うことが多かったからか、ラジオの思い出が強く残っている。特に自分は乗り物が好きなので、道路交通情報がお気に入り番組だった。高速道路の位置関係なども子供ながらに把握していて、どこが混んでいるんだなとか、…

夢日記と目覚め

プリンターが動かなくなったことにより、親戚全員が集められた。もう何年も顔を見たことがない人もそこには集まっていた。誰が呼びかけたのかもわからないし、誰もプリンターの故障のことについて口に出すことはない。ただ十数人に囲まれ、白紙を吐き出した…

私が成田エクスプレスを120秒で降りる理由

殺伐とした吉祥寺駅北口、21時を過ぎていた。人気の街、吉祥寺も、その雑多で面白味のある佇まいが、人々のイライラによる険悪な空気によって打ち消されてしまうタイミングが時々ある。肩がぶつかって小競り合いを起こす人、長蛇の列が出来ているお店の前で…

偽自由

若年者の地方移住の動きが加速しているという話を聞いた。経済的な理由で移住までに至らなくとも、地方に積極的に関わったり地方を頻繁に訪問したり、情報収集や地域の人と関わったりする人が増えているとのこと。ただ、経済と雇用の関係でどうしても都市に…

こだわりを捨てる

信念や主義主張を持たないことを普段の心がけにしている。こうあるべきだとかこうじゃなきゃいけないとかいう感情は、ストレスの原因になるし、しかもそれらべき論は内面に留めることが難しく、外部への怒りになりやすい。 主義主張を持たず、自分一人ででき…

健常者サロン

先週、久々に床屋に行ったんだ。 「どうだった?マスターは変わりなかったかな?」 相変わらずだったよ。元気そうだった。 「今回はどんな話したの?」 夏休みどうするかって話かな。あとは… 「あとは?」 なんか趣味とかの話である程度盛り上がるんだけど、…

出来レース診療所

患者「私は人間が嫌いなんだと思います。」先生「それはおつらいですね。どうされましたか。」患者「実は、職場の行事で上手く全員をまとめることができなくて」先生「行事は強制参加なのですか?」患者「いえ、任意参加です」先生「なるほど、それに参加さ…

人生代行業~第5話~

代行サービスの内容が徐々にわかってきた。実際に変わってもらうサービスのほうが依存度が高いといっていたが、個人的には存在を消してくれるサービスのほうがあっているしありがたい。しかし、実在型代行サービスもやってみなければわからないということな…

人生代行業~第4話~

数分の沈黙…私達は目の前の水割りから目をそらすことができずにいながら、時間の経過を待っていた。その後、店内が少し他の客の会話でにぎやかになってきたのを見計らったように、業者は喋りだす。 「矛盾は最大の罪だと思います。たとえば、人生に不満しか…

人生代行業~第3話~

朝になった。起床時間は8時45分、すでに出勤時間をすぎているが、会社からの電話もないので、無事に業者が入っていることを確認する。今頃、代行者が勤務に入っているのだろうか。不思議な感覚だ。 言われた通り、自分が働いていることを一切意識、開示せず…

人生代行業~第2話~

清潔感のある白い封筒の中に書類が入っており、代行についての説明書きと契約書が入っていた。簡単に言えば、一日の朝から晩までの義務をすべて代わりにやってくれるというものだ。労働や人間関係についても、矛盾や疑義のないように説明するところまで含め…

人生代行業~第1話~

ゴミみたいな毎日、早朝に起床し、首を絞めるような気分でネクタイを締め、首都圏屈指の混雑路線でおびただしい数の人間に囲まれながら電車に揺られること1時間半。ようやく職場にたどり着く。偽善者のような社歌が流れ、やりがい・情熱・成長などの科学的根…

退場欲求

こんなことを言えば非国民だといわれるだろうが、私は頑張っている人があまり得ではない。常に目標を決めて、それに一生懸命な人。今は総活躍社会などと言われているが、誰もが同じように仕事と家庭と世間体だけに猛進する社会はとても窮屈だと思う。 女性の…

マイルドヤンキーの頭の悪そうな遊び方

人間は組織を作るのが大好きな生き物だ。災害対策本部、業務の課題解決のための部門横断混成部隊など、部や隊といった名称で構成員が一丸となっているという設定に酔いしれる。一体何がそうさせているのかはわからないが、それが私の人生に対して負荷となっ…

大人百貨店本店

本日も、一人前百貨店をご利用いただき、誠に、ありがとうございます。当エレベーターは各階に停車いたします。ご利用のない階にも停まりますので、何卒ご了承くださいませ。 次は2階でございます。2階では学校用品について取り扱っております。部活動への忠…

達成感は空虚感

度々書いているけれど、いまだによくわからない問題があるので、懲りずにまた考えてみることにします。 何かを達成したい欲求、大きなことを成し遂げたい欲求、偉い人や組織を動かしたい欲求、それらに認められたい欲求、そんなものが今日も不要不急の労働に…

東京労働者流通センター【再掲】

東京労働者流通センター、それは、おびただしい数の22歳の人間が集まる、正社員派遣サービス企業の倉庫のことである。4月1日から取引先企業に売却される22歳達が、精神論に則った教育を受けている。今日も倉庫から罵声や失跡の声、熱意を叫ぶ声が聞こえてく…

否定求人【再掲】

遠い未来の架空の話 職を探してハローワークに出向く失業者が都会に目立つ。 「否定のお仕事、してみませんか」 こんな広告が壁を独占している。 どんな仕事なのだろう。 不思議に思い、中に入ってみた。 詳細を聞いてみると、こうだった。 「簡単なお仕事で…

21century japs

911から始まった21世紀、当時の自分は10歳だった。その後、中越地震、東北地震、就職難、原発事故、学校における非行問題、過労自殺と色々な問題が発生した。 そして今、国際情勢が緊張化している。週末の北朝鮮の動き次第では情勢が大きく変化しそうだ。日…

50歳の夏

最後の世代といわれた私も、もう50歳を迎える。平成不況のもとで育ち、あらゆる社会の崩壊・崩落をこの目で見てきた世代だ。就職難によるブラック企業の台頭、世代間格差による垂直対立、人類の誕生ボイコットと言われた非婚化と少子化、消費欲求の失墜と公…

リスクマン

労働や社会のリスクについて、日本の学校では学ぶことができない。社会や人間は理性的なものだという前提で、その完全性を軸に話が進んでいく。だから「社会で活躍できるように」とか「社会でうまくやっていける ように」という言葉が飛び交う。社会が不完全…

字数を書くことを目的とするバカ作文

この社会は、文章を無駄に長く書くことを過剰に求めていると思う。レポート、論文、課題、報告書、書かなくてもいいことを分量を設定して他人に強いる。何も感動しなかったものや何も発見がなかったものについても、無理矢理文章にさせる。本来であれば、こ…

スクールカースト後遺症

大人になってからも過去の自分の立ち位置や人間関係、記憶を引きずり出してはそれに悩む人が多い。自分の周りにも、過去の自分が置かれた環境や立ち位置をずっと引きずり、その時の記憶や感情を理由に今を楽しめないという人が少なくない。そういう過去を引…

限定

コミュニケーション能力を就職活動の必須条件にする傾向が必ずしも悪いとは思えないが、それを大学時代に限定して重視するのには違和感がある。本当に社会人としてコミュニケーション能力と呼ばれるものが必要ならば、そういう人間関係の構築法も高校までの…